top of page

『ショーケースはいらない』フレンチブルドッグ専門店B&BFRENCH





50年以上に渡って商売を続けてきた老舗鶏肉店。

30年間使ってきた冷蔵のショーケースが故障、、

すぐに業者を呼び、修理を依頼したのだが…

故障は修理では直らないほどひどく、

300万する新しい冷蔵庫を買うほかなかった。。





子供たちがすでに独立していたこともあり、

以前から店は 自分たちの代までと考えていた。


鳥寿55年の歴史は、

幕を閉じようとしていた。



そんな二人の前に、

一人の人物が現れる。

彼女は古川町商店街のある、

白川エリアを活性化させるため、

企画や催しを支援する会社で働く、高瀬さん。


鳥寿は商店街にとってなくてはならない店だと

力説したのだが…二人も続けたい気持ちはある

ものの、どうしたら良いかわからなかった。


そこで、高瀬さんがあるアイデアを思いつく。


「とりあえず、今なんとかという事で

その場しのぎのつもりで、その間に

いい解決方法が出てきたらいいなと

思っているぐらい(の方法)でした。」


それがこちら↓




ショーケースを見てみるとそこには、

驚きの光景が!!


そこに並んでいたのは、商品ではなく肉の写真に価格が書かれたパネル!



臨時の措置として商品の写真を撮り、

それを引き伸ばして値段を書き込み

ショーケースに並べたのだ。


正直、うまくいくとは思えなかったのだが…

客は初見ではびっくりするものの、

事情を知るとみな、いつもと同じよう買っていく。

売上もそれまでと変わらない、


更に、冷蔵ショーケースの電気代がかからなくなったことで、経費が大幅に減少、店の利益が上がり、

注文を受けたあと冷蔵庫から出し、切り分けるため、以前より鮮度の高い鶏肉を提供し、

お客さんに喜んでもらえるようになったとか。👏


調べてみると、最近は鮮度を売りにした

そもそもショーケースを持たない

お肉屋さんがあるんじゃね。


その売り方は、


お肉も売る人も買う人も喜べる。



これからの時代


ショーケースはいらない。



これからのペットショップに

お手配のような記事よね。


子犬が喜べない、

時代遅れな売り方は終わる。


繁殖する人も子犬も売る人も飼う人も

喜べる動物販売へ


時代は変わる。


と、もうかれこれ5年くらい前から

言ってるけどまだまだ変わらないね〜



それでも、

ショーケースから飼いたくないんです。

との声も聞くようになって、買う側の

意識も変わってきているようには見える。  



ショーケースがなくなれば

しょーどー買いができなくなるから

無責任な飼い主もいなくなり、

保護犬もいなくなる、



無責任飼い主ゼロへ。



と、言えば、




5月の欅MATSURIへ出展いただきます!


保護犬のふれあい会と

無責任飼い主ゼロへの啓蒙啓発活動を

行っていただきますのでお楽しみに!





広島で子犬がいない

フレンチブルドッグ専門店と言えば

B&BFRENCH。



子犬は、本当に必要な人へ

必要なだけでいい。



必要な人へ。



3月の子犬情報





良いご縁がありますように♡



 

 


愛犬と手放しで喜べる5つのお庭

欅BASE 

information


欅BASE



オフ会・イベント会場に!

団体様のご利用もご対応します。

 



イベント情報



パグ祭り 3月24(日曜日)開催!


パグ祭り



  

4月21日(日曜日)フレンチブルドッグ祭 開催!





5.19(日曜日)欅MATSURI!




 

 


B&BFRENCH

information




2024イベント出展情報






3月16日(土曜日)17日(日曜日)


わんだふる山口2024へ出展します!








4月5日(金曜日)6日(土曜日)7日(日曜日)


インターペット東京2024へ出展します!









B&BFRENCH

フレンチブルドッグ専門店 B&BFRENCH


〒730-0826 広島市中区南吉島1-1

TEL:082-546-9111




 


閲覧数:25回0件のコメント

Σχόλια


bottom of page